2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2007年4月17日 (火)

ひさしぶり。

Fairwarninggo1 こんにちわ。お久しぶりのヨネミツです。数ヶ月さぼりましたが、また更新していきたいと思いますので、どうぞよろしく。で、さっそくのアルバム紹介です。

今回はフェアウォーニングの「GO!」です。いろんなジャンルの音楽がありますが、皆さんは何を決め手にCDを買っていますか?

流行っているとか、曲がいいとか、そのミュージシャンが好きだからとか、いろいろあると思いますが、私の基準はメロディーです。友達が誰も聴いていなくても、少々ブサイクでも気にしません。

日本人は全般的にメロディーを重視する人が多いと言われています。それは、日本古来の音楽がドンドコ・ドンドコ太鼓をたたくものではなくメロディーを奏でるものだったかららしいです。

ヨーロッパの人々にも同じことが言えます。だからヨーロッパのミュージシャンの音楽は日本人の好みに近いそうです。今回のフェアウォーニングはドイツのバンドです。そして、そのメロディーは日本人好みの、素晴らしいメロディーです。確かコールドディスクを獲得したと思います。海外のミュージシャンの中で日本でゴールドを獲得するのは本当にごく限られた人たちだけです。彼らはその限られたミュージシャンなんです。

フェアウォーニングは、ウリ・ジョン・ロートの弟のジーノ・ロートのバンド「ジーノ」のメンバーをもとに作られたバンドで・・・・。ウリ・ジョン・ロートって言っても知らないですよね。あのですね、この人「神」とか「仙人」と呼ばれてるんです。まぁ、ビートたけしが「殿」みたいなもんですよ。すごい人なんです。弟もまたすごいんです。知名度は落ちますが・・・。まぁ、北野勝みたいなもんです。お兄さんですけど・・・。あの人はあの人ですごいひとでしょ?とにかく実力のある人たちが作った素晴らしいアルバムです。

聴いてみる価値はあると思いますけどねぇ。

だた、日本以外ではあまり評価されなかったですが・・・。

2006年12月25日 (月)

デスメタルの前に

Imgpsearchyahooco1こんにちわ。よねみつです。この前デスメタルのバンド、アークエネミーを紹介したんですが、やっぱり、いきなりデスメタルはどうかと思いまして、とりあえず、アンドリューW.K.で耳慣らしをオススメしようと思います。デビュー前から「天才か!馬鹿か!」みたいな感じで話題になってて、この写真が音楽雑誌の表紙なったりしてたので、どこかの書店で見かけた人もいるかも知れません。この写真は1stアルバムのジャケットなんですが、コレ、アンドリュー本人です。鼻血は本物ではなくて、豚の血らしいです。見て分かると思いますがとてもふざけた人です。白いTシャツ、白いジーンズ、スニーカーがお決まりの服なんですがほとんど洗うことがないらしくTシャツは黄ばみ、ジーンズも汚れて、もはや白ではありません。なおかつ風呂にもめったに入らないので、付近にかなり異臭が漂ってるそうです。

音楽はジャニーズの若手が歌ってもおかしくないような、ポップでキャッチーな曲をデス声とヘヴィーな演奏で聞かせるという誰も今までにしなかったことをしてます。そりゃ誰もしないですよ、ポップでキャッチーとデスメタルは間逆ですから。でも、なかなか良いのです。

さぁ、みなさんアンドリューW.K.を聞いてデス声に慣れましょう。食わず嫌いはよくないですよ。

レッツ・トライ・・・!!!!レッツ・ゴー・TSUTAYA!!!!!

よねみつでした。

2006年12月21日 (木)

デスメタル

L_arc1 こんにちわ。よねみつです。今日は久しぶりのアルバム紹介です。今日は、アーク・エネミーの「ウェイジズ・オブ・シン」です。このアルバムの前に出た「バーニング・ブリッジズ」も良かったのですが、このアルバムはもっと良いです。「バーニング・ブリッジズ」の後、ボーカルのヨハン・リーバが脱退していまい、もう解散かなと思ったら女性ボーカリストを加入させて、活動再開とのニュース。デスメタルのバンドに女性ボーカルは無理があるやろう・・・・多くの人がそう思ったはずです。後日、雑誌に最新のバンドショットが掲載され、センターには新加入のアンジェラ・ゴソウが。「あれっ、美人やん。この人がデス声でう歌うの?」そう思ったはずです。ですが、曲を聴いてびっくり、言わなければ女性の声だとは分かりません。全然違和感はありません。ヨハン・リーバよりいいです。普通の人はあまり接する事の無いジャンルだと思います。ヘヴィーメタルってだけでも聞く人が少ないのに・・。デスメタルですよ。デスってねぇ・・・。何でこんな名前になったのかしりませんが、気が向いたら聞いて下さい。CDレンタル出来ますから。メロディーはたくさんあるので、ちょっとは、聞きやすいと思うんですけど・・・・。無理かな・・・・。

2006年8月11日 (金)

わからん!!

Masterofpuppets1 こんにちは。今日はメタリカのマスター・オブ・パペッツです。多分中学2年だったと思いますが。メタリカのアルバム「メタリカ」通称、ブラックアルバムが私の周りの、ちょい年上の人たちの間ではやりました。世界的にバカ売れしたアルバムですから流行に乗ったと思われますが、本当に「アンタ、TMネットワークばっか聞いてたんやないの?それがなぜメタリカ?」って感じでした。

当時、私もブラックアルバムを聞きましたが、まったく何がそんなに良いのかわかりませんでした。高校生になり、またブラックアルバムを聞きましたが、良さが分からず「メタリカは俺には合わない!!」という事に決めました。人それぞれ好みというのはありますからねぇ。それから大人になり、今から3年ぐらい前、同じ会社のAさんが、マスター・オブ・パペッツを貸してくれました。んで、期待せず聞いてみたら、これが良い訳ですよ!即、アルバム買いました。このアルバム約20年前のものなんですけど、時間がたっても良い物は良いんです。そして、メタリカを見直しまた。「俺は間違っていた・・・」と。私は今までの偏見をすてて、またブラックアルバムを聞いた訳です。

が、やっぱりダメ!! どうしてもダメ!! 無理!! 

なぜコレがあんなに売れたかさっぱり分からん!!

そんな今日この頃です・・・・。

2006年8月 3日 (木)

時間

Jacket_m1 今回は、オジー・オズボーンのノー・レスト・フォー・ザ・ウィックドです。オジーを聞くなら1stのブリーザードオブオズかも知れませんが、私はコレです。なぜならギターのザック・ワイルドは高校時代の私のアイドルでした。ベルボトムのズボンをはき大また開きで金髪を振り乱しながらレスポールを弾く姿。カッコ良かったですねぇ・・・・。が、時間というのは残酷です。今では見る影もありません。今ではバイカーファッションの怖いおじさんです。まぁ、ミュージシャンですから、オジーまたは自身のバンド、ブラック・レーベル・ソサイエティーで、すばらしい仕事をしてくれればいいんですけど・・・・・。でもねぇ、どうもねぇ・・・・。